あいさつ

秋田県中華総会活動目的

  1. 在日華僑団体の安定及び団結に関すること。
  2. 祖国の政治、経済、社会などの発展に協力すること。
  3. 秋田県に貢献し得る事業に協力すること。
  4. 秋田行政及び民間団体との交流を促進すること。
  5. 秋田と台湾の交流を盛んにする事業を行うこと。
  6. 在秋の台湾留学生の緊急相談窓口。

秋田県中華総会役員一覧

名誉会長 細谷 煥榮
会長 張 思敬
顧問 北林 康司
副会長 又井 公久

中華民国双十国慶百周年記念大会

2011年10月10日(双十)は中華民国台湾が百周年を迎える記念すべき年です。

このおめでたい年に世界各国の華僑(在日台湾人やその子孫)が盛大に催し物を計画しております。

日本国内でも、大阪のカウントダウン(2010年12月31日から2011年1月1日予定)を皮切りに東京、横浜、神戸、沖縄でも年間を通して百周年の催し物をする予定です。

気候の違いからか、東北・北海道には華僑が少なく、これまで目立った活動をしておりませんでしたがこの記念すべき年に東北の元気を取り戻すお手伝いとして東北六県中華総会合同で記念大会を開催する運びとなりました。

海外進出は台湾から

昨今の中国経済発展を受け、中国市場への経営展開を県も広く勧めていますが、中国の上場企業の多くが台湾企業である事実はあまり知られていません。2011年10月から台湾の一人当たりのGDPが中国のGDPを抜いた事も知られていません。

昨今の中国の反日運動を見て、進出を躊躇されている企業も多い中、同じ中華民族であり中国経済を影で支えている台湾からの進出は、日本から直接進出するよりも正しい道筋である事は言うまでもありません。

秋田県中華総会は台湾政府公認の団体であり、本国にも広くコネクションを持ち合わせておりますので御社のアジア進出の足掛かりをお手伝いさせて頂けるものと確信しております。